渡辺千真加入&長沢放出が決定/一美、高…宮本チルドレン ガンバ大阪ニュース記事まとめ2018年08月13日

この記事は2分で読めます

2018年8月13日のガンバ大阪関連ニュース記事をまとめます。

スポンサードリンク

公式サイトリリース

(ガンバ公式)長沢 駿選手 ヴィッセル神戸へ期限付き移籍のお知らせ

■本人のコメント
「ヴィッセル神戸に移籍することになりました。チームが難しい状況でこのような決断をしたことは、申し訳なく思っています。ガンバの一員としてプレーできて、一緒に戦えたのは僕の誇りです。チームは変わりますが、うっすら『あいつ頑張ってるな』と思って貰えるように頑張ってきます。

(ガンバ公式)渡邉 千真選手 ガンバ大阪へ完全移籍のお知らせ

■本人のコメント
「はじめまして渡邉千真です。G大阪という新たな環境でトライさせて頂くことになり、感謝しております。この決断は、とても悩みましたが、自分の今後のキャリアを考え決断しました。自分の決断に誇りをもってチャレンジさせて頂きます。G大阪の渡邉千真を、応援して頂ければ嬉しいです。ファン、サポーターの皆さま、これからよろしくお願いします。」

昨日から報道されていた、渡辺選手の加入と長沢選手の放出。今日の夕方、同時にリリースされました

渡辺選手はどんなパターンでも得点できる、マルチな得点能力を持つイメージがあります。

この動画のボレーシュートも見事。ガンバでもこの得点能力を活かしてほしい!

スポンサードリンク

各社スポーツ記事

(サカダイ)宮本監督&アデミウソンも称賛!J1デビューの一美和成は、身近な選手のプレーを参考にしていた

2016年の入団以降、トップチームでのプレーを目標にG大阪U-23の一員としてJ3で経験を積んできた一美。待望のJ1デビューで好パフォーマンスを披露できたが、成長するために参考にしてきた選手を明かしてくれた。
 
やっぱり(長沢)駿くんは同じフォワードでポストプレーが上手いです。試合に出ていない時、上から見ていて参考にしていたので」
 
 一美がトップチームでチャンスのなかった時期、長沢はJ1で16年に21試合・9得点、17年に34戦・10ゴールを記録。後輩の模範となるFWとして活躍していたのだ。

一昨日の記事になりますが、先週J1デビュー戦となった一美選手の記事。

現在3年目の一美選手がこれまでプレーの模範になっていたのは、長沢選手でした。

長沢選手のプレー参考にU23で実力を磨き、先週長沢選手をベンチに追いやってのスタメン奪取。

劇的勝利となった先週の試合が、二人にとっての転機となりました。

長沢選手も重要な場面での決定力の高さが光る選手。新天地でも活躍してくれるでしょう。(ガンバ戦以外で…)

(サカダイ)市船同期との競争には後れを取るも…宮本チルドレン・高宇洋はガンバの救世主となれるか?

「絶対的な自信を持っています」と本人が語る守備面でのハードワークはたしかに光っていたし、試合後の走行距離を見てみると、両チーム通じてトップの11.314kmを記録していた。守備の強度を求める“宮本ガンバ”において、今の彼は外せない存在と言えるだろう。

こちらも一昨日の記事、高選手に関する内容です。

この試合でもチームトップの走行距離をマークし、守備での貢献度の高さをデータ上でも見せています。

そして、劇的ゴールへつながったアデミウソン選手へのラストパス。こちらも見事にパスを通しました。

そんな大活躍を見せている高選手ですが、同期の市立船橋高校の選手達の中では一番トップデビューは最後に…。同期の選手にはベルマーレの杉岡選手などがいます。

悔しさをバネにU23で経験を積んだ結果が、今に繋がっていますね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。