DA PUMP来場!カーモンベイビーパナスタ! ガンバ大阪ニュース記事まとめ2018年07月30日

この記事は2分で読めます

2018年7月30日のガンバ大阪関連ニュース記事をまとめます。

スポンサードリンク

公式サイトリリース

(ガンバ公式)8/10(金)明治安田生命J1 第21節 FC東京戦(DAZNパートナーDAY)でDA PUMPが来場します!

何と、ホームのFC東京戦でDA PUMPがハーフタイムでパフォーマンスを行います。

今年リリースの新曲「U.S.A.」が大ヒット、ダンスがダサかっこいいと話題に。

CDのジャケットのダサ具合も話題になりましたね笑 

以前ゴットタンのライブにもサプライズでゲスト出演したりと、今年になって精力的に活動している印象です。

DAPUMPファンの方はぜひパナスタへ!合言葉は「カーモンベイビーパナスタ」、Twitterのハッシュタグは #カーモンベイビー金J です!

 

 

(ガンバ公式)島田ユースコーチ ユース監督就任のお知らせ

今月、ユース監督だった實好氏がU23に監督就任。これに伴いガンバユースの監督の後任を選ぶ必要が出てきました。

結果、ユースでの指導歴が長い島田コーチが監督就任となりました。

 

各社スポーツ記事

(サカダイ)「これからどんどんパスが繋がる」名手ヤットが見据える新生ガンバの“青写真”

 クルピ前政権では個の能力に依存する傾向が強く、とりわけ守備に関してはプレスのポイントなどディテールが曖昧で、チームとしての連動性は求めるべくもなかった。宮本監督はU-23チームで志向していたのと同様に、選手個々のハードワークを基本軸に据えた。そのうえで連動性ある守備ブロックの構築にまずは手を付け、短い調整時間である程度の“形”にまで持って行ったのだ。

 ヤットはこう説明する。

実質、守備に関しては1時間くらいしか全体では合わせてない。できるかぎり外に追い込んでプレーさせるのがテーマですけど、中に入ってきたボールに対しては厳しく行けと言われている。最低限の確認しかできてなかったけど、鹿島を相手によくやれたとは思う。プレスの狙いどころはそこまで高くない。無理して追っかけに行かないで、きっちりブロックを作るのが基本。ただ、ロストしたらまずはすぐ奪い返しに行きますよ。そこで外されたら一回戻る。そこはどのチームもやってることだとは思うけど、どれだけ早くやれるか、切り替えられるかが今後のテーマになってくる」

3日間の練習の中で、チーム全体で行った守備練習はたったの1時間!

それであれだけ守備面が良くなるとは。

宮本監督は的確な指示が出せて厳しさもある、さらに褒めるところは褒める…と、チームの雰囲気が大きく変わったことをヤットさんも実感しているようです。

昨年のシーズン後半から、結果が出ずチーム内でもギクシャクしていたのでしょう…本当に良かった。

 

(スポニチアネックス)【ライターコラムfromG大阪】J1残留へ『宮本ガンバ』がついに船出…初陣で見えた“変化”とは

残念だったのは得点が米倉恒貴の挙げた1得点にとどまったこと。それでも宮本監督は手応えを口にした。

「練習してきた守備もしっかり体現してくれていたし、失点した後も頭を下げずに後半に入り、同点に追いついてからは再三チャンスも作り出せた。選手の頑張りは賞賛に価する。試合後のロッカーにも『これから、もっともっとやっていくんだ』という雰囲気が生まれていたので、これを続けていきたい」

他の記事でも、チームの雰囲気が良くなっていることが読み取れます。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。