Jリーグ後半戦日程発表!/新生ガンバのポイントは「約束事」の徹底 ガンバ大阪ニュース記事まとめ2018年07月26日

この記事は2分で読めます

2018年7月26日のガンバ大阪関連ニュース記事をまとめます。

スポンサードリンク

公式サイトリリース

(ガンバ公式)2018シーズン後半の日程発表

Jリーグ後半戦の日程が確定しました!

注目度の高い試合で日付が今日確定したものはというと…

・9/15(土)アウェイ神戸戦 イニエスタが見れる(かもしれない)試合

・9/29(土)ホーム広島戦  GAMBA EXPO開催日

の2試合が挙げられます。

特に9/29のGAMBA EXPOは、新幹線で関東から日帰りで行くこともできる、16時キックオフ!

無事行けそうで安心しました。

 

他にも、関東のガンバサポーターの目線でいうと、J1、J3が二日連続かつ近場で行われる以下の日程も観戦には嬉しい週ですね。

・10/6(土)アウェイの大阪ダービー、10/7(日)U23のホーム鳥取戦

・11/24(土)ホーム長崎戦、11/25(日)U23ホーム北九州戦

確実に行ける試合は、早速宿泊先の予約等したいと思います!

 

(ガンバ公式)[プレビュー]ファビオ・倉田が語るJ1第18節 vs 鹿島 ― 宮本ガンバの初陣を勝利で飾りたい。鹿島相手に嫌な流れを断ち切ってみせる

宮本監督就任後の初陣、鹿島戦のプレビュー記事。

就任後から3日間の練習のみしか経たずの試合、戦術の浸透はまだ厳しいと思いますが、必死に戦ってほしい!

 

各社スポーツ記事

(サンスポ)常に守れ!ツネ様の掟 G大阪・宮本監督、再建へ「選手と一緒にやっていかないと」

新監督の言葉から浮かんできたのは3カ条のマニフェストだ。

 【(1)約束事を作る】クルピ前監督は選手の自主性を重んじて細かく指示を与えることはしなかった。宮本監督は「自由度が高すぎたところはある」と指摘。この日の非公開練習では主に守備戦術を落とし込み、連動することを求めた。

 【(2)すべてにおいて相手を圧倒する】G大阪らしいサッカーについて問われると「技術だけでなくて、駆け引きでもフィジカルでも。すべてに置いて相手を上回る、圧倒したい」と力を込めた。イメージとして根付いているパスサッカーだけでなく、堅守速攻など状況に応じたプレーが選択できるよう、選手にはインテリジェンスを求めていく。

 【(3)お客さんを増やす】今季はここまでホームの平均入場者数は2万1363人と昨年から2909人減少。約4万人収容の自慢のスタジアムは空席が目立っている。「お客さんが減っているのも気がかり。提供していくのがわれわれの使命だと思う。そういう話も選手にもしていきたい」。浪速のファンを熱狂させることを誓った。

マニフェストとまでは明言はしていないようですが…(1)の、全く前監督では見られなかった「約束事を作る」ことは急務です。

これまでつまらない失点を繰り返し続けていましたから…

 

(日刊スポーツ)G大阪三浦弦太、宮本新監督の教えに早くも心酔

この日は約1時間半の非公開練習で汗を流し、攻撃を重点的に確認。前日は守備の約束事も徹底的に確かめており、三浦は「基本的なことを染みつかせている。当たり前なことができていなかった」と、宮本監督の指導を受けて新たな発見があったという。

元日本代表DF宮本監督の元、守備の立て直しに期待です。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。