【G大阪U23試合まとめ】2018年明治安田生命J3リーグ第24節 ブラウリッツ秋田対ガンバ大阪U-23(A)

この記事は2分で読めます

試合結果

HOME SCORE AWAY
ブラウリッツ秋田 1 – 1 ガンバ大阪U-23
71′ 久富 賢 得点者 65′ 妹尾 直哉
スタジアム:秋田市八橋運動公園陸上競技場
入場者数 3,418人

 

ハイライト動画_公式サイト

 

 

 

試合詳細、レビュー記事などはこちらから!(ガンバ公式HP)

スポンサードリンク

試合後まとめ_公式サイト

(ガンバ公式)2018明治安田J3 第24節 △1-1 秋田@秋田陸

(Jリーグ公式サイト)ハイライト、選手監督コメントなど

選手コメント:野田 裕喜選手

前半はハンドの判定があったとはいえネットが揺れましたし、後半は1-0から失点があったので、決して満足できる内容ではないですけど、アウェイで強豪の秋田と戦って勝点1を持ち帰れるのはポジティブな結果かなと思います。

攻撃では前半はバランスよくボールを回せていたと思いますけど、3ボランチが下がり過ぎてしまったかなと思います。行けるときに前に入っていければ、相手はもっと怖かったんじゃないかと思います。

--ゲームキャプテンとして、どのようにチームを引っ張ったか。
アウェイでのゲームはどのチームでも厳しい戦いになりますし、まずは失点ゼロで行こうと意識して臨みました。

--自分の良さが出せたところは。
ポゼッションの部分でだいぶ自信をもってやれていますし、ボール回しや縦パス、ロングボールは見せられたのかなと思います。

監督コメント:實好 礼忠監督

試合の入りは良かった。ゲームの中でいろいろな流れがあって、その流れがお互いのゴール前にたくさんあって、すごくアグレッシブなゲームだったと思います。

--前半はボールを握って試合をコントロールしていたが、もう少し攻撃のスイッチが欲しかった?
チャレンジはしていたと思います。秋田さんのしっかりした守備意識があり、ボールへの対応もすばらしかったなと。それでゴールに向かえなかったですね。

--妹尾 直哉選手が途中出場して先制点を挙げた。投入の意図は?
システムも変えた中で、サイドでスピードのある選手が入れば、さらに変化が出せるかなと思いました。

スポンサードリンク

試合感想_後半押されるも、同点で耐え勝ち点1獲得

この試合はDAZNで観戦。1つ順位が上の秋田相手のアウェイ戦となりました。

前半、ガンバはボールは持ててはいましたが決定機まではなかなか作れず。

それでも、先発メンバーが多少異なったとしても連携がスムーズなところは評価できます。練習から意思疎通はしっかり取れていますね。

後半、途中出場の妹尾選手がパス&ゴーで抜け出し、華麗なゴールで先制点!

縦に早く攻めるタイミングがばっちり合い、見事なゴールを見せてくれました。

 

しかし以降は守勢に回ってしまい、すぐさま同点…。

その後も数度決定機を秋田に作られますが、谷選手の好セーブで逆転は死守、勝ち点1をもぎ取れたといった試合でした。

守備に関しては両CBをはじめ、粘り強く対応できるように改善してほしいです。

完璧にボール奪取できなくても、完全に振り切られなければ最低限シュートコースを消すことはできるので。今後に期待です。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。