【G大阪U23試合まとめ】2018年明治安田生命J3リーグ第10節 ガンバ大阪U-23(H)対アスルクラロ沼津

この記事は3分で読めます

試合結果

HOME SCORE AWAY
ガンバ大阪U-23 3-0 アスルクラロ沼津
63′ 髙木 彰人
70′ 妹尾 直哉
88′ 一美 和成
得点者  
スタジアム: 万博記念競技場
入場者数 1,254人

 

試合ハイライト_公式

 

スポンサードリンク

試合内容まとめ

・前節の第9節アウェイ琉球戦から中2日での試合。先発は前節からMF2人を変更。相手は現在J3首位の沼津。

・先発のGK谷 晃生は前節の琉球戦(先発)→トップのアウェイ札幌戦(ベンチ入り、出場無し)→今節と、超ハードの日程をこなしながらの出場。

・前半21分、第3節以来の先発出場だったMF福田 湧矢が怪我のため交代。右膝を痛めてしまった模様。

・前半は風下方向だったこともあり押される展開、しかし無失点で凌ぐ。

・風上となった後半は攻勢に出る。63分DF松田 陸の低空クロスにFW髙木 彰人が合わせて先制。続く70分にはFW一美 和成のクロスにMF妹尾 直哉がが合わせて追加点を奪取。この2得点はMF矢島 慎也のパスが起点。

・試合終盤の88分には、FW一美の強烈なシュートがゴールに突き刺さりダメ押し。FWファンウィジョの得意な得点パターン(左サイドから中央に仕掛け、右足で決める)に似た形だった。

・守備面では84分のGK谷のビッグセーブが飛び出すなど、今季初の完封勝利。なおかつ今季わずか3失点の沼津から3ゴールを奪取し、最高の形で4試合ぶりの白星を手にした。

・本日のベストプレーヤーは長距離移動ももろともしなかったGK谷。疲れはあったか?との質問には「疲れはないです!」と力強いコメント。

 

試合後まとめ_公式サイト

(ガンバ大阪公式サイト)[レビュー]リーグ最強の盾を粉砕。若きガンバが首位を撃破する

(Jリーグ公式サイト)ハイライト、選手監督コメント、トラッキングデータなど

 

選手コメント:一美 和成
相手が失点の少ないチームなので点を取りたかった。前半はけっこう攻められて危ない場面も多かったけど、DF陣が無失点に抑えてくれて、後半に3点取れた。ゲームの流れも良かった試合だと思う。ボールを持った時点で1対1だったのでゴールに向かうしかないと思っていたし、自分で行けて良かった。(以下略)

監督コメント:宮本 恒靖監督
前半から狙いとしていたサッカーができそうでできなかったというところで、それは風下だったり、ボールを奪ったときの距離感の拙さだったり、ビルドアップのときのお互いの距離プラス、相手のプレッシャーをモロに受けたことでプレーがうまく進まなかった前半だったんですけれども、そこで失点をしなかった。失点をしないようにしようというところでスタートした試合で、それがうまく後半につながったと思います。

後半は、風上になるので必ずボールをうまく動かせると選手には伝えながら、前半課題だった距離の部分、前半から狙いとしていたカウンターの部分の精度を上げていくというところをやろうと選手に伝えて、本当に良いタイミングで出ていったと思いますし、最後の精度のところ、クロスボールと入り方も良かったので点につながったと思います。3点目に関しても、一美(和成)もしっかりチャレンジする姿勢を見せてくれて、右足を振り抜いて素晴らしい得点だったと思います。本当に選手がハードワークした結果だと思います。

(Jリーグ 公式サイトより引用)

 

試合結果記事、写真

<ガンバ大阪U-23>首位・沼津から3得点を奪って完封勝利。【監督、選手コメント】

●GK谷晃生
待望の白星だったので…良かったです。(自分が出場して勝てていないことは重く感じていましたか?)やっぱり…ずっとありましたね。でも、自分の結果というより、自分のパフォーマンス次第だと思っていたので、ここ何試合かは結果というより自分のパフォーマンスに集中してやっていました。(それが終盤のビッグセーブにもつながった)そうですね。やっぱり我慢しきれずに失点してしまって負けているという試合が多かったので、今日はしっかり耐えてやれば、いまのガンバU-23はしっかり点が取れるので、実際に取ってくれましたし、しっかり我慢できてよかったです。(最少失点のチームで手堅さもある相手。前半はしんどい試合になりましたがそこをゼロで耐えれたことも大きなポイントでした)そうですね。前半も慌てずにしっかりやれたというところが、3-0という結果にもつながったと思います。後ろから見ていても慌てる感じもなく…いつも立ち上がりとか、後半の立ち上がりとか嫌な時間帯で失点することが多かったけど、今日はそれもなく…これまでの試合を通して僕自身も学んだことが今回の試合につながりました。

(「<ガンバ大阪U-23>首位・沼津から3得点を奪って完封勝利。」(著:高村美砂)より引用)

 

試合感想

本日は出先で結果を知ってからDAZNで確認しました。

風下で苦しい展開の前半を無失点で凌いで、後半に修正し複数得点という素晴らしい試合運びでした。

試合後のマイクの谷選手、ここ数日間他チームならあり得ない移動をこなしながら出場して、それが報われて本当によかったです。

 

U23の次節の試合は5/20と、二週間の空きがあります。今日の内容なら、トップチームに割って入るに値する選手は沢山いるはず。

9日、16日のルヴァン杯予選は勝ち抜けがかかりますが、連戦中出ずっぱりのトップの選手達よりも良いコンディションで臨めるのではないでしょうか。何とか複数人、ルヴァン杯に出てもらいたいです。

そんな中、唯一残念なのが福田選手の怪我。プレーが止まっている時に倒れてしまいそのまま交代、痛めた箇所は膝…と長期離脱になってしまいそうな交代の仕方でとても心配です。軽症であることを願います。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。