2018JリーグYBCルヴァンカップ_オープンドローを見に行ってきました

この記事は2分で読めます

今日の12時からお台場で開催された、2018JリーグYBCルヴァンカップのオープンドローを観に行ってきました。簡単ですが会場のレポを書きたいと思います。

スポンサードリンク

会場到着_来場者プレゼント&抽選券は…

当日は10時半からルヴァンプライムと、決勝のチケット等のプレゼントが当たる抽選券が配布される(先着1500名)ということで、私は10時半すぎに着く予定で現地へ。

結果、抽選券の番号は300番台後半と、かなり余裕がありました。

抽選券は応援しているクラブ別に入れ、各チーム1名ずつ、合計8名当選というシステム。同じチームのサポーターが多いほど倍率が高まります。

なので試合日でもあった甲府、会場からホームタウンが遠目なガンバ、セレッソあたりは倍率低めになるかな~と思いながら待ちました。

待機場所は無事イベントスペース内になり日陰でしたが、それでも暑かったです…

 

イベント開始!スタジアムの関係でガンバが1番目に抽選へ

そして12時からイベント開始!ガンバからは三浦選手が登場。

はじめに今年からこのトーナメントの名称は「プライムステージ」と名称変更されたことがアナウンスされました。来場者にプレゼントされた「ルヴァンプライム」から取り、大会のイメージも製品パッケージの色と同じく赤になっています。

抽選はまず出場8チーム(ガンバ、鹿島、柏、川崎、横浜FM、湘南、甲府、セレッソ)のドロー順を決める抽選をし、そこから本抽選…という流れでしたが、ガンバは例外で、予備抽選を待たずに1番目のドローが確定。

というのも、9/11(火)に日本代表戦があり、9/9(日)の2戦目にホーム戦開催が不可能のため。ピッチコンディション、設営などのことを考えての判断だったと思います。

というわけで、1番目に引いた三浦選手の番号は…6番!

そして他チームの選手たちも順番に引いていった結果、準々決勝は横浜Fマリノスとの対戦になりました。

2戦目はアウェイ日産、19時キックオフ。関東のサポーターの私にとっては嬉しい日程に。

(反対に、関西から来るガンバサポーターの方々は大変だと思います…。

 新幹線の終電が10時前なので、日帰りの方は延長戦になると非常に厳しいですね汗)

三浦選手は「宮本監督に変わってガンバらしいサッカーが出てきたと思うので、それをルヴァン杯でも出して、マリノスさんに勝って上に進みたい」とコメントしました。

そして準決勝は川崎対鹿島の勝者と激突。どちらも強敵ですが、勝ち切れれば決勝へ大きく勢いづくと思います!ちなみにトーナメントの配置上、準決勝は1戦目アウェイ、2戦目ホームになります。

 

最後のプレゼント抽選会…当たる番号に傾向あり?

そして最後に豪華プレゼントが当たる抽選会。

なかなか引いた番号の方が一発で出てこない…という若干グダグダした展開に笑

そして抽選券があまり混ざってなかったのか、多くのチームが200番~900番を引き、割と後半の番号に集中。

柏を除いて2桁番号は当たらず…という、熱心に早くから並んだサポーターの方にはあまり優しくない抽選でした。

 

決定したトーナメント表と、今日のライブ配信の模様は以下から確認ください!↓↓

2018JリーグYBCルヴァンカップ_プライムステージトーナメント表

 

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。