【G大阪試合まとめ】2018年JリーグYBCルヴァンカップ第5節 サンフレッチェ広島対ガンバ大阪(A)

この記事は2分で読めます

試合結果

HOME SCORE AWAY
サンフレッチェ広島 2-3 ガンバ大阪
 7′ フェリペ シウバ
24′ 渡 大生
得点者

52′ 食野 亮太郎
65′ 妹尾 直哉
70’ 西野 貴治

スタジアム:エディオンスタジアム広島
入場者数 7,083人

 

試合ハイライト_公式サイト

スカパー!運営チャンネルのハイライトです。

 

 

ガンバの3選手のゴール動画はJリーグ公式よりアップされています!

 

 

 

スポンサードリンク

試合内容まとめ

・トップチームの前節の札幌戦から、先発は全員変更。札幌戦にベンチ入りしていた選手とU-23で出場していた選手での構成。キャプテンマークは長沢。

・前半立ち上がりはガンバも積極的にシュートを放つ。一方守備が機能せず7分、24分と右サイドを崩されて2失点。

・その後も前半終了まで広島に何度も決定機を作られる。しかしシュートは枠を外れ、半ば相手に助けられた形で前半終了。

・後半開始からオジェソクに変えて森を投入。前半からは別チームになったかのように運動量が増し、パスが回るようになる。特に右サイドの森の攻撃参加と切り替えの早さが目立った。反対に広島は余裕のある展開に守備が軽くなったか。

・ガンバの反撃は52分、中央で受けた食野が仕掛けて一人かわし、狙いすましたシュートをゴール右隅に決める。

・後半13分に長沢に変えて妹尾を投入、中村の1トップに変更。すると65分、連動した守備から相手GKのクリアを誘い、競り合い後のこぼれ球を妹尾がワントラップ、そのままミドルシュート。これがゴールの左上に突き刺さり同点!

・勢いは止まらず70分、左CKを得ると市丸のボールに西野がヘディングで合わせて逆転!

・逆転後も勢いそのままに前線からの守備、カウンターと攻勢に出て広島にシュートチャンスを与えず、大逆転で試合終了。

・若手選手主体で臨んだガンバの選手達は喜び爆発!試合直後は久しぶりのワニナレナニワも。

 

試合後まとめ_公式サイト

(ガンバ公式)2018YBCルヴァンカップ グループステージ第5節○3-2広島@Eスタ

(Jリーグ公式サイト)ハイライト、選手監督コメントなど

 

試合結果記事、写真

(サカダイ)【ルヴァン杯】C組はG大阪が突破に逆王手!敗れた広島は3位転落…代わって浦和が首位浮上!

(ゲキサカ)食野、妹尾、西野!!17歳GK谷晃生トップチーム初先発のG大阪、後半3発逆転で広島の突破阻止

試合感想

グループステージ突破のための超重要な一戦、スカパー!オンデマンドでしっかりと見届けました。

前半は最初の5分だけよくシュートを打ててましたが、その後は防戦一方、正直なところうんざりしかけそうなくらいの出来の前半でした…。前に出すパスがことごとく通らず、広島の攻撃陣に良いように攻められてしまいました。

そこから一転、後半は良く走り、良く攻撃したなと思います。ハーフタイムで監督に激を飛ばされたのか何なのか、全員が別人になりましたね笑

3点とも素晴らしいゴール、特に2点目のチャッピー(妹尾)のゴールは超がつくスーパーゴール!

凄すぎて、今日はベンチ外だった藤本選手もツイッターで思わずつぶやいてました。

この大きな勝利でグループCの2位に浮上、次の名古屋戦で引き分け以上なら2位突破でプレーオフへと進む状況になりました!

(勝ち点10でガンバ、広島、浦和と並ぶパターンもありますが、3チーム間の対戦の勝ち点で争われてガンバが2位以上になります)

週末のマリノス戦も、今日休養できた選手達に発奮してもらって勝ちたいですね!

当日は現地で観戦予定です。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。