【G大阪試合まとめ】2018年明治安田生命J1リーグ第26節 ヴィッセル神戸対ガンバ大阪(A)

この記事は3分で読めます

試合結果

HOME SCORE AWAY
ヴィッセル神戸 1 - 2 ガンバ大阪
35′ 古橋 亨梧 得点者

52′ 倉田 秋
68′ ファン ウィジョ

スタジアム:ノエビアスタジアム神戸
入場者数 25,485人

試合詳細、ハイライト動画、レビュー記事などはこちらから(ガンバ公式HP)

スポンサードリンク

試合後まとめ_公式サイト

(ガンバ公式)2018明治安田J1 第26節 ○2-1神戸@ノエスタ

(Jリーグ公式サイト)ハイライト、選手監督コメント、トラッキングデータなど

監督コメント:宮本 恒靖監督

--ファン ウィジョ選手がアジア競技大会と韓国代表の試合を終えて帰ってきましたが、成長した部分や今日の2点目について、宮本監督から見られて大きくなったと感じるところはどうでしょうか。
より効率的なプレーというか、点に直結するような場所でのプレーが増えたと思いますし、もちろん守備面の頑張りとかも今日もありましたけど、攻撃面でどこでボールを受けるのかとか、ペナルティーエリア付近でどこで足を振るのかというところに関して、少し速くなったなという印象はあります。

選手コメント:東口 順昭選手

--後半はシステムを変えて、より良さも出たように思うが?
守備のところでより推進力が出たので、そのまま攻撃につながるような形が増えたし、セカンドボールも拾えるようになって、今までになく後半は尻上がりに持ち直して、押し返すことができた。チームとして成長した試合だと思います。

--今季初の逆転勝利だが?
今まではそのまま相手に押しつぶされていたので、そこは本当に地力が出てきたと思うのでこれを続けていきたい。

 

 

試合結果記事、写真

(サカダイ)【J1採点&寸評】神戸1-2G大阪|白熱の“神阪ダービー”はガンバに軍配。10番が輝きを放つ

(サカダイ)低迷ガンバを救うのはやはりこの男!“ナンバー10”倉田秋に懸かる逆襲への期待

「たまにはこんな日がないと、というか。遅すぎる、というか。毎試合1得点・1アシストくらいは活躍しないと、今のガンバを引っ張っているとは言えないので、やっと貢献できたと思います」

スポンサードリンク

試合感想_後半は別のチームに!サイド攻撃が機能

この試合はDAZNで観戦。

リーグ戦の前節川崎戦と同じく、スタメンは3バックを採用。

DFラインには今野選手が入り、小野瀬選手はWB起用となりました。

攻撃陣ではファンウィジョ選手・渡邉選手の2トップに期待がかかります。

前半、早速渡邉選手のヒールパスからウィジョ選手に繋がりシュート!惜しくもGK正面でした。

前半立ち上がりの攻勢の後、ガンバは防戦一方に。イニエスタのアシストで先制され、苦しい前半となりました…

 

しかし後半、J1リーグ100試合出場となったオジェソク選手を投入し4バックに変更するとまるで別チームの戦いに!

縦パスの意識・精度を高めたガンバが右サイドを突破すると、フレッシュなオジェソク選手のクロスから、ファーの倉田選手がナイスボレー!

このゴールで息を吹き返したガンバは、さらに68分、左サイドを倉田選手が突破、ゴール前のクロスにファンウィジョ選手が合わせて勝ち越し!

ウィジョ選手の抜け出しも完璧、その前のサイド攻撃も完璧でした。

2得点に絡んだ倉田選手をはじめ、今日は藤春選手、小野瀬選手、オジェソク選手とサイドの選手が軒並み良く走り、攻守両面で効いていました。

毎回の課題だった試合終盤も押し込まれることはなく、反対にカウンターでチャンスも作れました。良い形で試合終了のホイッスルを聞くことができました。

これでとても長かったアウェイでの未勝利は17試合でストップ。

1位タイでストップさせ、不名誉な新記録は何とか食い止められました。

今後のリーグ戦でも、両サイドの選手達の活躍が鍵となるでしょう!

翌日開催のファン感にも良い形で迎えることができましたね。

 

BS中継の「今夜はたっぷりイニエスタ」企画…ツッコミどころ多めの内容に

中継についてはDAZNで見たのですが、BSでは

「今夜はたっぷりイニエスタ」

と題して、イニエスタを常にカメラで追う形での放送を行っていました。

こちらは興味本位で録画し、翌日チェック。

試合よりもイニエスタのプレーの解説に終始しており、企画通りではありますがツッコミどころは色々ありました…。

・メインチャンネルでこの企画をトライ→通常のアングルの中継は画質の悪いサブチャンネル

 →逆にすべきでは?

・イニエスタのプレーのスロー解説中に、神戸先制点

 →生中継でこれは冷める。ヴィッセルサポーターはお気の毒。

・イニエスタのスプリント回数が0な点を、解説は「ポジショニングが良く、効率が良いから」と称賛

 →単に怪我明けでスプリントしてないだけでは?

  そのおかげで、ガンバの同点弾のシーン、イニエスタの守備が緩かったことでパスがつなげられたんですが…

・ボールに関与していない時間もイニエスタを映す

 →大半はジョギングばかりで、時間の無駄遣い感が半端ない…。

  試合終了のときのイニエスタの表情もなぜか抜かれました。これって必要?笑

 

この中継に関して、浦和レッズの槙野選手もツイッターで「残念」とコメント。

 

それはそれで、プチ炎上してしまったようですが笑

イニエスタに注目したい!という方は、何だかんだ現地に行ってイニエスタを目で追い続けるのが一番のようですね。

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。