【G大阪試合まとめ】2018年明治安田生命J1リーグ第25節 ガンバ大阪(H)対川崎フロンターレ

この記事は3分で読めます

試合結果

HOME SCORE AWAY
ガンバ大阪 2 - 0 川崎フロンターレ
7′ 渡邉 千真
55′ ファビオ
得点者

 

スタジアム:パナソニックスタジアム吹田
入場者数 19,683人

試合詳細、レビュー記事などはこちらから(ガンバ公式HP)

ハイライト動画

スポンサードリンク

試合後まとめ_公式サイト

(ガンバ公式)2018明治安田J1 第25節○2-0川崎@パナスタ

(Jリーグ公式サイト)ハイライト、選手監督コメント、トラッキングデータなど

監督コメント:宮本 恒靖監督

--今野 泰幸選手が3カ月ぶりぐらいにJ1に復帰しましたが、彼の役割は、今日の評価について教えてください。
手術をしてから2カ月ほど経って、練習に戻れるか戻れないかという時期が続いて彼自身もすごく葛藤があった中で、先週のJ3の試合に出てある程度の手ごたえを彼自身もつかんだので、この試合も起用できると。僕自身もビデオを見て確認して、大丈夫だと思ったので使いました。やはりボールに対する執着心であるとか、奪ったボールを丁寧につないでまた、さらにスペースをみつけて出ていくとか本来の良さは、この3カ月のブランクを感じないぐらいのパフォーマンスだったと思いますし、やはり彼が帰ってきたことでチームが受けた影響はかなり大きいと思います。

選手コメント:遠藤 保仁選手

--3バックの狙いについては?
相手の良さを消す目的だったと思いますし、けっこうぶっつけに近かったけど、十分機能したかなと思います。まずは失点しないことが大事だったし、その中で相手も失点の半分がセットプレーという情報もあったので、そういうチャンスをモノにできたのは狙いどおりだったし、ちょっと後半押し込まれる時間が多かったけど、全体的にはよく耐えながら勝点3を取れたかなと思います。

--セットプレーからの2得点だが?
キッカーは良いボールを蹴るだけに集中してあとは、中の選手の判断なので。ただセットプレーからなかなか点が取れていなかったのでどちらのゴールも良かったと思いますし、これから先もきっ抗した中でのセットプレーは大事にしていきたい。

 

試合結果記事、写真

(サカダイ)【J1採点&寸評】G大阪2-0川崎|センス抜群の守備が光ったファビオを最高評価!! 川崎は大島の負傷退場で意気消沈…

(Yahoo!ニュース)<ガンバ大阪>ホームでの川崎フロンターレ戦は、宮本ガンバとして初の完封勝利!

選手コメント:ファビオ選手

(三浦選手も菅沼選手もファビオのカバーリングがあったので安心して戦えたという話をしていました)

長谷川健太さんの時代も3バックをやったことはありましたし、経験したことのあるポジションだったので3バックの中央であっても左であってもどちらでもできたと思います。

ーー中略ーー

(名古屋戦では2点を先行しながら逆転されたことがありました。今日は2点を先行する中でどんなことを考えながら試合を進めましたか?)

おっしゃる通り、2点をしながら逆転された試合があったということが教訓となって、今日は2-0になった後も絶対に気を抜かないというところでみんなが意思統一できていたと思いますし、逆に今日は2-0になってからそれ以上の力を出せたんじゃないかと思います。

スポンサードリンク

試合感想_前後半立ち上がりのセットプレーがカギに!

この試合はDAZNで観戦。

今野選手の復帰に加え、DFは3バックを採用。

中盤より前の人数をこれまでより減らし、守備的な布陣…かと思いきや、前半立ち上がりはボールを保持。

小野瀬選手が得たCKから、菅沼選手のヘディング、ポストに当たったこぼれ球を渡邉千真選手が押し込み幸先よく先制!

 

この場面、このところセットプレーで得点チャンスは少なかった中、キッカーの遠藤選手が素晴らしいボールを蹴り込みました。

今シーズン、試合終盤になればなるほどCKはニアへ蹴るボールが多かった遠藤選手。

体力面の消耗や年齢の面もあってか、特にファーへのボールがなかなか蹴れない…という印象がありました。

そんな中、フレッシュな状態で獲得したCK。これを得点に繋げることができたことで良い展開に!

先制した後は徐々に川崎にボールを保持されるも、前半30分過ぎまで川崎のシュートは0。守備時5バックになる戦術が功を奏し、前半は危なげなく無失点で終了。

 

そして後半、開始後10分のCKをファビオ選手が膝で押し込み追加点!

ここもキッカーの遠藤選手が素晴らしいキックで、ファーにいたファビオ選手が完全にフリーになりました。

これまでのニアへのボールが多いデータの裏をかく形で、見事なセットプレーからの2得点でした。

2点差になった後も、守備の集中力は途切れず、スタメンの小野瀬選手を筆頭に、中盤・DFラインの各選手が良く走り、良く守ってくれました。

攻撃力の高い川崎のシュートを8本に封じ、見事な完封勝利です!

今野選手の復帰、3バック採用でファビオ選手が輝きを取り戻すなど、好材料が多く見られた試合でした。

その分ガンバのシュートは5本と少なめですが、無失点に抑えるにはやむなし。

残留に向けて現実的な戦いを見せ、結果勝ち点3を取れたというのは、選手達にも大きな自信となるはずです。

 

リーグ戦は次節神戸と対戦、来週はルヴァン杯があり2週間後の試合になります。

まずは来週、ルヴァンでも勝ち進んで勢いを持って2週間後に臨みたいですね!

来週のルヴァン杯マリノス戦は、2戦目のアウェイ日産に参戦予定です。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。