【G大阪試合まとめ】2018年明治安田生命J1リーグ第15節 ガンバ大阪(H)対浦和レッズ

この記事は3分で読めます

目次

試合結果

HOME SCORE AWAY
ガンバ大阪 0-0 浦和レッズ 
  得点者  
スタジアム:パナソニックスタジアム吹田
入場者数 25,361人

スポンサードリンク

試合ハイライト_公式サイト

 

 

試合内容まとめ

・今節は負傷の今野、オジェソクが欠場となり、4-4-2のフォーメーションで臨む。日本代表に選出された東口に注目が集まった。一方の浦和は3-5-2を採用。

・前半はお互いに球際が激しく、攻守の切り替えが早いためシュートまで持ち込めない展開。ピッチが滑りやすく、特に浦和の選手がスリップして思わぬチャンスが生まれることも。ガンバは27分の倉田、32分の長沢と崩していくも、最後の精度を欠いてしまう。反対に36分、左サイドを崩されて興梠に決定的なシュートを打たれるも、東口がビッグセーブ。前半は0-0。

・後半も決定機は生まれるが、決めきれない展開が続く。55分は浦和の興梠が触ればゴール、というクロスボールを放たれるが、何とか凌ぐ。反対にガンバは試合終盤に食野、長沢と2本の決定的なシュートを打つも、立て続けに浦和の西川に阻まれた。

・お互いに好ゲームといえる内容もスコアレスドロー。試合終了後、東口が一番最後にグラウンドを一周、W杯に向けて激励を受けた。

 

試合後まとめ_公式サイト

(ガンバ公式)2018明治安田J1 第15節△0-0浦和@パナスタ

(ガンバ公式)[レビュー][レビュー]猛攻実らず無念のドロー。ガンバが決定力に泣く

(Jリーグ公式サイト)ハイライト、選手監督コメント、トラッキングデータなど

 

 

 

試合結果記事、写真

●試合結果、写真など

(サカダイ)【J1採点&寸評】G大阪0-0浦和|東口、西川が好プレーを連発!代表選出の槙野&遠藤航は…

(サッカーキング)G大阪、浦和とスコアレスでホーム5連勝ならず…代表3選手は先発フル出場

(ゲキサカ)中断前、互いに勝利欲しい一戦も…G大阪対浦和はスコアレス

(Yahoo!ニュース)<ガンバ大阪>ホームでの浦和レッズ戦はチャンスを活かしきれずスコアレスドロー。

選手コメント:遠藤 保仁選手

どちらが勝ってもおかしくない試合だったと思いますが、やっていても非常に楽しくサッカーができましたし、引き締まったゲームだったと思います。ただ勝ち点3をとれれば自動的に浦和を抜ける試合だったので、勝ち点3は欲しかったですけど、こういう試合が続けば上にいくきっかけになるとは思います。試合の流れの中では、うちの時間もありましたし、逆に浦和の時間帯もありましたが、それはゲームでは起こりうることなので。ボールもテンポよく回せていた時もありましたし、サイドからいいチャンスも作れていたので、もう少しこれを続けてやっていければいいなと思います。(以下略)

 

監督コメント:レヴィ―・クルピ監督

(中略)ー無失点で教えられたのは東口選手の好セーブも効いていたと思います。復帰してから彼のここまでのパフォーマンスについての評価を聞かせてください。

東口選手の回復ぶりは、私に言わせれば本当に驚異的な回復ぶりだと思います。今回、顔面に3度目の怪我を負いましたが、にもかかわらず復帰後、本当に勇敢なプレーを見せ続けていて、何も問題がないかのようなプレーをしているところをみると、今回の日本代表選出にふさわしい選手であり、彼こそが勝者と呼ばれる選手だと思います。この場を借りて彼の勇敢なプレーを称えたいと思います。

(「<ガンバ大阪>ホームでの浦和レッズ戦はチャンスを活かしきれずスコアレスドロー。」(高村 美砂著)より)

 

●東口選手に関する記事

(サカダイ)日本代表のGK東口順昭が好セーブ連発でガーナ戦へ「試合に出られるように日頃からアピールしていきたい」

(サカダイ)【G大阪】好セーブ連発のGK東口をクルピ監督も大絶賛「彼こそが勝者」「代表招集に相応しい」

(ゲキサカ)“バットマン”東口、W杯にフェイスガード「持っていく」…日の丸メッセージに決意新た

(ゲキサカ)G大阪GK東口「選ばれたからには責任を持って」…日本代表に意気込み

日本代表に招集されなかった浦和レッズGK西川周作から「ヒガシ(東口)に全部たくした」というコメントがあったと伝えられると、「切磋琢磨して今までやってきた(間柄)。(西川)周作はあこがれの存在なので、僕も全てぶつけていきたい。また、これからも、ぶつけていければ」と語り、「選手たちの思い」を受け止めると気を引き締めた。

 

試合感想

今節は急遽日帰りで現地観戦。横浜から新幹線で大阪へ。

初のカテゴリー1で観戦しました。試合全体としてとても引き締まったゲーム。勝ち試合で見せてくれた球際の激しさ、集中力の高さが随所に見られました。

ガンバは決定的なチャンスを多く作れましたが、西川選手に何度も止められてしまいました…。反対に、カウンターから浦和にも決定機を作られ、ギリギリでしのぐことも。0-0のスコアレスとはいえ、見ごたえは十分でした。

時間が過ぎるのがとても早く感じたのですが、これは試合以外にも理由があります…。

それは、何とバーに当たったら100万円のDAZNチャレンジに当選したから!!

 

ハーフタイムにパナスタのピッチに入り、チャレンジしてきました。緊張しまくりでした汗

結果は会場かDAZNでご覧になっていた方はご存知のとおり、失敗でした…

今回急遽大阪まで行ったのも、普段と違うゴール裏以外で観戦したのもそのためです。

詳細は別記事でまとめます!

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。