【G大阪試合まとめ】2018年JリーグYBCルヴァンカップ第6節 ガンバ大阪(H)対名古屋グランパス

この記事は2分で読めます

試合結果

HOME SCORE AWAY
ガンバ大阪

1-4

名古屋グランパス
 20′ 長沢 駿 得点者

15′ 畑尾 大翔
24′ 内田 健太

41′ 児玉 駿斗
48′ 内田 健太

スタジアム:パナソニック スタジアム 吹田
入場者数 9,907人

 

試合ハイライト_公式サイト

スカパー!運営チャンネルのハイライトです。

 

スポンサードリンク

試合内容まとめ

・引き分け以上で自力でのプレーオフステージ進出が決まる試合。スタメンは東口、ファビオ、遠藤、藤春の4選手がベンチ外となったが、他は主力メンバーが先発した。

・15分、セットプレーから名古屋に先制されるも、5分後の20分、右サイドからのクロスを長沢が胸トラップしシュート、これが決まり同点とする。

・しかし24分、三浦のバックパスを林がキャッチし間接FKを与えられると、林の脚の間を抜けゴールに吸い込まれる。続けて41分にも失点。

・後半開始から倉田、ファンウィジョに代えて食野、中村を投入…しかし48分に相手のセットプレーから再び失点。この時点で引き分けも非常に厳しい状態に…。

 

・試合終了まで巻き返せずこのまま終了。浦和が広島に勝利したことでグループリーグは突破。しかし今日の惨敗にサポーターは大ブーイング。謎のクルピ監督へのインタビューも始まり、火に油を注いだ…。

 

試合後まとめ_公式サイト

(ガンバ公式)2018YBCルヴァンカップ グループステージ第6節 ● 1-4 名古屋@パナスタ

(ガンバ公式)[レビュー]不用意な失点で後手に。名古屋に敗れたもののガンバがプレーオフ進出を決める

(Jリーグ公式サイト)ハイライト、選手監督コメント、トラッキングデータなど

 

試合結果記事、写真

(ゲキサカ)G大阪2位確定でGL突破も完敗にブーイング…敗退決定の名古屋は児玉駿斗プロ初弾など4発で快勝

(サンスポ)G大阪にブーイング…クルピ監督も落胆「さらに悪いサッカーをしてしまった」/ルヴァン杯

 

試合感想

今回は仕事の都合で出先にいたため、リアルタイムで見れず。

後半半ばあたりからツイッターなどで確認していましたが、なかなか深刻な状態ですね…。

リアルタイムで見れなければ普段後から見返すのですが、その気力も起きない結果でした…。

とはいえグループステージは突破。ジュビロとのプレーオフに勝ち抜けば決勝トーナメントです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。