【試合感想】2021J1第13節ガンバ大阪対川崎フロンターレ 完敗も黒川、奥野、一美らポジティブ要素もあった一戦

この記事は2分で読めます

ガンバ大阪 0-2 川崎フロンターレ

J1第13節、リモートマッチとなったホーム川崎戦の試合感想です。

試合詳細、試合後コメント(G大阪オフィシャルHP)

公式ハイライト動画

 

 

試合感想:内容は完敗。一方で黒川らの成長も感じた試合

前節に続いて4-3-3の布陣。前節から右SBに佐藤選手、アンカーに奥野選手、右WGに一美選手を起用しました。サイドのプレーヤーは(非公表ながら)離脱が続きスクランブル体制です。期待のウェリントンシウバ選手はベンチ入りもせず、予想が外れてしまいました。

試合内容としては首位の川崎相手ということもあり、かなり差を感じる敗戦でした。

試合序盤から、お互い本職のポジションではない右サイドのマークの受け渡しがうまくいかず、右サイドの裏を狙われていました。長時間一美選手が中盤の位置まで戻ってサポートすることで何とか破綻しないようにしましたが、前半終了間際、ガンバの攻撃後に素早く右サイドにボールを運ばれる形で失点。枠を外しても良いからシュートまで打てていれば防げた失点です。
その後、黒川選手の突破、クロスからチャンスを作るもシュートは枠外。

後半も右サイドを再三狙われたガンバ。クリアボール、スローインがことごとく繋がらず防戦一方でした。

時折宇佐美選手の惜しいシュートシーンもありましたが…。直前の井手口選手へのシミッチ選手のプレー(膝蹴りして倒したように見える)、これはジャッジリプレイ案件かもしれません。既にイエロー貰っていましたし、PK&ラフプレー扱いになれば退場、も考えられるシーンでした。

その後、追い打ちをかけるように三笘選手投入→右サイドを抜かれて失点し万事休す。90分間スピードのあるドリブラーと対峙し続けた佐藤選手のメンタルが少し心配です…。菅沼選手投入→三浦選手を右SBへ移動という手もあった気がします。

 

敗戦の中のポジティブ要素

点差以上に差を感じる一戦だった一方で、個々の選手で輝いている点も見られました。

 

東口選手:もはや神セーブが平常運転。前半のCKは難しいハーフバウンドのヘディングシュートを弾きセーブ。さらにキック精度はかなり上がっており、ダミアン選手のプレスを受けた場面でも正確なパスを通していました。一森選手の足元の上手さにどんどん近づいている気がします。最年長の選手がここまで成長を見せていると若手選手も奮起しないわけにはいかないでしょう。

 

黒川選手:フィールドプレーヤーで一番輝いていました。この試合でドリブル突破、ワンツーでの裏抜けが唯一できていた選手。2回の決定的なクロスはいずれもボールの曲がりが強いためか、ペレイラ・パトリックの両選手が入りすぎる形で枠を外しました。スタメン定着して繰り返していけば、軌道のクセにも慣れて必ず得点に繋がるはず。

 

奥野選手:ディフェンスを買われてのアンカー起用が見事ハマりました。中央から崩しきられた場面は無く、前半カウンターの起点にも。間違いなくこの試合で序列が上がり、攻撃力のあるチームに対してはファーストチョイスになることでしょう。

 

一美選手:不慣れな右WGで守備に奔走。空回りしたように見えるシーンも若干ありましたが、元CBなだけあり対人に強く、ボール奪取が何度か見られました。運動量が求められている中で見せた72分の強烈なシュートは体力的にも十分やれる証拠。Twitterでもめちゃくちゃ見ますが一度中央でプレーさせてほしいです。

 

今シーズン、完敗だった試合は名古屋、川崎のトップ2のみ。ここからの中位チームの連戦は本当に大事です。
悔しい気持ちをぐっとこらえて、次戦も信じて応援します。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。