【試合感想】2021J1第12節セレッソ大阪対ガンバ大阪 アウェイで意地のドロー、しかしクロス戦術は不発

この記事は2分で読めます

セレッソ大阪 1-1 ガンバ大阪

J1第12節、リモートマッチとなったアウェイ大阪ダービーの試合感想です。

試合詳細、試合後コメント(G大阪オフィシャルHP)

公式ハイライト動画

 

試合展開_要約

・久しぶりの4-3-3の布陣。序盤にCKからのピンチも東口の神セーブで凌ぐ
・矢島を中心に良いパスワークを見せるが、試合が進むにつれ徐々に手詰まりに…
・ともに前半から負傷交代でセレッソは大久保→タガート、ガンバは小野瀬→チアゴへ交代。お互いにこの選手達がブレーキになってしまう
・前半終了間際、福田のハンドでPK献上されるがポストに救われ失点回避

・後半はセレッソがロングスロー、サイドの崩しからチャンスを多く生み出す。一方のガンバはカウンターがハマらず、サイドからのクロスに終始
・前線の選手たちの運動量が落ち始めた74分、セレッソ中島にペナ右からの巻いたシュートで決められ先制。直後にガンバは後手後手の3枚替え
・攻めるしかないガンバはCKのこぼれ球を昌子がシュートし、相手のハンドでPK獲得。パトリックがデータの傾向通り左側に蹴り込み同点に持ち込む
・その後はお互いパワーが残っておらず、決定機がないまま試合終了。ガンバはダービーで4戦未勝利という結果に

 

試合感想:4-3-3でパスワークは改善の兆しあり?クロスに逃げずに継続を

一言でいうと「負けなくて良かった」という試合展開でした。
久しぶりの4-3-3システムを採用し、試合の一番最初のパスワークは今後の試合でも可能性を感じました。確実に矢島選手が輝くシステムですし、シュートもいくつか打てていたのでここは今後も継続してほしいと思っています。今のサッカー界で流行しているシステムなだけあって、ブロックを敷く相手に対しては斜め方向のパスが増えて有効になりそうです。

しかし徐々に相手も慣れて効果的なパス回しをできなくなってからは、サイドの浅めの位置からのクロスが多くなり、ことごとく相手のCBに跳ね返されてしまう状態に。カウンター、裏抜けは絶対的なスピードのある選手がいないためか、受け手も出し手も意識が低いように見えました。

 

試合後コメントから、宮本監督が狙いにしていた一つの攻撃だったようです。相手のCBが急造コンビだったからなのかわかりませんが、結果的に攻撃のリズムがつかめなかったなと思います。パトリック選手と比べてしまうと、ペレイラ選手の空中戦はそこまで驚異ではない感じです。
現大分の長沢選手と同じようなタイプで、身長はあるけど無茶なボールをフィジカルで押し切ってゴールするのは難しい。反対に、精度が高いボールさえくればきっちり決めてくれるというタイプな気がします(まだガンバでのゴールは見れていないんですけど…)
精度の低いクロス攻撃が続くと、元マンU監督のモイーズがちらつきますね…。せめてパトリック選手投入まではもっと足元で繋いでチャレンジしても良かったと感じています。フォーメーションも最後4-4-2に戻しましたが、4-3-3継続で貫いてほしいです。

 

攻守に貢献した昌子選手

そんな中、PKゲットに繋がったシュートを打った昌子選手。過去の試合を含めても確実にキーマンになっています。
ご本人のコラムに書かれていましたが、試合展開を読んで相手が跳ね返したあとのこぼれ球を狙っていたことで、あのシュートが生まれたとのことです。

 

発源力 Vol.27 活動休止はもはや、理由にならない。 REIBOLA

これまでもディフェンス面で完全に復調し貢献している中で、勝負勘も研ぎ澄まされているなと感じています。
攻撃陣の選手たちにもポジションは違えど試合、練習を通じて昌子選手の考え方、取り組み方を少しずつ参考にしていってほしいです。高いレベルの試合を経験している選手がいることは本当に大きいですね。

 

最後に

この試合、負けると宮本監督の解任がスポーツ紙に載ってしまうレベルで騒がれるのでは?と個人的に危惧していたので最低限の結果にはなったかなと思います。

次節の川崎戦、下馬評は厳しいですが日程面では有利で、ゼロックスの試合もありダービーと同じように選手は燃えていると思います。期待しましょう!!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。